FC2ブログ

記事一覧

春の季節は、紫外線にご用心!

今日の京都の昼間は昨日に引き続き、ポカポカ春の~兆しに~

というくらい暖かくて眠気MAXなひとときでごわす







眠気をいったい、どうすれば乗り切れるのか...







それは、寝るに限るだよ

だいたい、土曜日の午後昼下がりは職場で昼寝してること多いわな~

もう、眠気と戦えるくらいの体力は残っていない悲しきアラフォー...

誰か嫁にもらっとくれェェェ~







まあ、そんなこんなで

体力どころか、すぐにお肌に疲れが出てしまうアラフォー世代でございます~。

エイジケアも入念に行わんとねぇ。

とか思いつつ、最近、藤原紀香さんをテレビで見ると、

なぜか萎縮してしまう私であった...





あんまり、自分のお肌に頑張れないタイプなんだろーな、オイラは





と言いながらも、やっぱり春先は何歳であろうとも、

お肌のケアはしっかりしとかないと、

弱ったまま夏を迎えることはできませぬっ







春先は肌荒れ注意報な時期という話はこの前のブログちょっとさわりましたが、

紫外線ケアもしっかりしておかないと、









皮膚のバリア機能が低下しているところに、紫外線が降り注ぐのは、

それこそ致命傷~っ








てなお話もありました。

肌の調子が崩しがちなところに、紫外線に攻撃されますと、

そりゃー、奥様っ、

シミやソバカスなんぞもできやすいでザマスわよ~オホホホホッ

そんなわけで、正しく紫外線ケアをしよう!!というお話ですっ







まずは、正しく紫外線をブロックするにはっ

紫外線は9時から15時が多い時間帯。

なのでこの時間帯に外出する際はサングラスと帽子と日傘ですわな~っ

あっ、サングラスは必ず偏光サングラスにしてくださいよ~





その理由は、過去記事でも紹介しましたが、こちらをご覧ください



瞳に射しこむ光でも日焼けするってホント?





紫外線は建物や地面やら水溜りやら、あちゃこちゃから反射して攻撃してきますので、

やっぱりレンズの大きいサングラスは必需品ですわなっ!








で、紫外線UVAとUVBの両方を防ぐサンスクリーン剤(日焼け止め)を使う。



UVAとは長波長(321~400nm)の紫外線のこと。

肌の深い組織、皮膚の真皮まで達し、コラーゲンやエラスチンなどの線維組織の弾力(張り)を失わせます。また細胞内外で吸収され、活性酸素を作り、シワやたるみの原因になります。またUVAにはメラニンに作用して肌を黒くする作用もあります。



UVBとは中波長(320~280nm)の紫外線のこと。

UVAの10分の1程度のエネルギー。肌表面に達し、表皮の細胞に障害を与え、赤くなったり水泡を作る日焼け(サンバーン)を起こした後、表皮の基底層にあるメラノサイトがメラニンを作るため黒くなる日焼け(サンタン)を起こし、それがシミの原因になります。









太陽からの紫外線の中でUVBが占める割合は10%に満たないわずかなものです。

でも、UVBは肌に炎症を起こし、色素沈着を起こす原因にもなります。

繰り返しUVBを浴びると肌の老化や皮膚がんを誘発するおそれがあります









UVBの防止効果は、SPF値で表されます。

国内では、SPFは2から50までの数値で表されますが、表示する数値には上限があり、「50+」が最高です。










UVAは肌を黒くするほか、皮膚の奥深くに侵入するので、長期間浴びると肌の老化につながります。

UVAの防止効果目安は、PAで表されるのですがこれがたったの3段階という、

めちゃくちゃザックリしているところが、ニンともカンとも~

という感じではございます・・・



一応、こんな感じデス↓





PA+   UVA防止効果がある

PA++  UVA防止効果がかなりある

PA+++  UVA防止効果が非常にある








超、ザックリ~

あまりに大ざっぱすぎるので、あくまでも目安程度にするべきかと









とりあえず、今の季節なら、



SPF15~25 PA++程度



のものを目安に日焼止めを選ぶといいと思います







紫外線吸収剤メインのものは2~3時間ごとに塗り直してください。

紫外線散乱剤のものでも、汗をかいたりしたらすぐ塗り直しましょう。







なぜ、紫外線吸収剤メインのものは、汗をかいていなくも数時間おきに塗りなおす必要があるのか





紫外線吸収剤は紫外線を肌の表面で吸収します。

そして、紫外線と化学反応を起こし紫外線を熱エネルギーに変えて日焼けを防ぎます。

この化学変化により、紫外線吸収剤の効力がなくなってしまうわけです。

なので、数時間ごとの塗りなおしが必要になってきます。







紫外線散乱剤は、紫外線を反射して日焼けを防ぎます。

ご存知ノ酸化チタンとか酸化亜鉛などですね。

こちらは、化学反応を起こさず、そのまま反射させますので何度も塗りなおす必要はありませんが、

汗をかいたり、皮脂が浮き出たりすることによって、自然と取れてきたりするので、

たまに塗りなおした方が、ベターですかね~

(↑どっちやねん





ちなみに、酸化チタンはUVBを防止する力が強く、酸化亜鉛はUVAを防止する力が強いです。







で、お次は、日焼止めを塗る量でがんす

結構多いのが、少量を手にとって薄くのばして塗られる方。







これは、仕方ないかなぁ。

無添加の日焼け止めは、なんせ使用感がぶっちゃけよくないので、

白浮きしたくないから~という感じで、

少量で済ます方がおられるのかと









う~、わっかるなぁ

私も散々な目にあいまくったもんなー

ま、今はこのアイテムで毎日ストレスフリーで過ごしておりやすが

はい、いつものこれです(笑)↓



京のすっぴんさん ナチュラル素肌色クリームSPF25









でも、このクリームはたっぷり保湿もしてくれますので、乾燥過敏肌の方にホントおすすめなんですがね~











閑話休題。









どれくらいの量を塗ればよいのか



はい、

「たーっぷり塗ってくださいっ







たっぷりってどれくらいかと言えばですね、

参考程度にですが、

PAとSPFは、皮膚表面1cm×1cm当たりにつき、2mgの日焼止めを皮膚に塗ったときの値なんです。

女性の顔の面積を仮に、15cm(顔の幅)×20cm(顔の縦の長さ)とすると、

顔全体に塗る日焼止め量は、0.6gくらいになります。

一度、自分の顔の縦と横の長さを測って、どれくらいの日焼止め量がいいのか

計算してみてもいいかもです。









さあ、外出から帰ってきたら日焼止めを洗い流しましょう







汗や水で落ちにくいウォータープルーフタイプ(耐水性)の日焼け止め化粧品は、石けんやボディーシャンプーでは完全に落とせないので、通常は専用のクレンジングで落とします。

でも、特に専用のクレンジングが指定されていなければ、普通のクレンジングを使って構いません。





というわけで、石けんで洗い流せる日焼止めがあれば一番楽ですよね

石けんで落とせるタイプは、だいたい商品説明のところにそういった記載があるので、

購入する前に必ず確認しておきましょう









ちなみに私が実際に今まで使用した経験では、

日焼止め系は、自然派無添加のクレンジングミルクだとどうも落ちにくいかなと。

クレンジングミルクを使わずに、石けんで落とすか、クレンジングオイルで落とすほうがいいでしょうね~





やっぱりこれおすすめだす↓



アンナトゥモール ピュアクレンジングオイル









しっかり洗い落とした後は、しっかりとスキンケアすることが大切ですよね~



日焼けによるお肌のダメージは細胞が傷つくため、かなり深刻です。

繰り返しになっちゃいますが、ニキビの悪化やシミ・ソバカス、しわの原因にもなります

さらに、水分が体の表面から逃げてしまい乾燥がよけいすすんでしまいます。







日焼け止めを落とした後のケアが実は大切。日焼け止めを塗って終わりではなく、必ずその後のアフターケアを取り入れましょう









成分がシンプルな化粧水でたっぷり保湿。できれば、へちまやティートリー、ラベンダー、アロエなどが入っている化粧水を使用。

なぜかというと、これらの成分のものは、紫外線攻撃を受けた肌を落ち着かせてくれるからですっ







紫外線最盛期は必須アイテムですな↓



私の部屋 オーシマスキンローション







シンプル成分の化粧水でたっぷり水分を保水した後は、しっかり保湿してくれる美容液や、エイジケア専用の美容液などを使用して十分お肌をいたわる。とくにジェルタイプがおすすめです。





これ、ジェルタイプの美容液です↓



京のすっぴんさん 花潤(かじゅん)しっとり美容水100ml アルコールフリー・無香料







あとおすすめなのは、

タウトロッフェン アクアタオ (美容液/保湿ジェル)







しっかり保湿した後は、水分が肌表面から逃げないようにクリームやティートリーなどが配合されたバームなどでしっかりフタをしましょう。





これ、ズバリのアイテム~

オーガニックボタニクス オーガニックバーム





紫外線による肌荒れや、ニキビの悪化ケアにもおすすめでっせー







そうそう、偏光サングラスで眼球や目元、目の周りを保護しておきたいとこですが、

目の周りや皮膚が薄く、紫外線のダメージを受けやすいので、

ケアは怠らず、しっかり毎日したいものですよね

(アタイは、怠っておりやすが...)





こちら、おすすめなのですが割引価格になってるので、ぜひっ↓

ロゴナ アイジェル<ローズ&アロエ>



→使用期限が6月までのため、現在30%割引価格で販売中

あっ、残り1個です





これも、おすすめなのですが割り引いて販売中でっせー

ドクターハウシュカ リッチアイバーム



→使用期限が6月までのため、これも現在30%割引価格で販売中

ありゃっ、やっぱり残り1個です~







ちなみに私は、シミ予防に毎日欠かさずこれ使ってます

はい、おなじみの...



オーガニックボタニクス ピンクロータス&ジャスミン フェイシャル エリクシール





このアイテムに関しては、もはや語ることがなかろう(←語ることがないので踊っておく)







そうそう、言い忘れてましたが日焼止めを塗るときは、

小鼻のわきや手の甲、足の甲、首筋、耳、唇などは塗り忘れやすい箇所なのでしっかり塗るようにしましょうねっ







油断してると、手の甲のシミが年を重ねるごとにすごいことになったりします。

アロエ入りのハンドソープも30%割引価格で売ってますんで、スキンケアをかねた手洗いを是非っっ



ロゴナ デイリー・ハンドソープ<アロエ&バーベナ>





→使用期限は5月です。残り3つだす







いくら低刺激でも、日焼け止めはSPFが高ければ高いほど、肌への負担も大きくなります。

肌荒れがきついときに、日焼止めを使う場合は、SPF値は20前後にして、

偏光サングラス、帽子、日傘などを装備してくださいね~







↓こちらも絶賛参加中ですよろしくお願いしますっ

にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
にほんブログ村



にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

京のすっぴんさん

京のすっぴんさん公式ブログ

京のすっぴんさん公式ブログ

ファンデーション

ナチュラル素肌色クリームBB

フェイスパウダー

絹肌べっぴんフェイスパウダー

メイク落とし洗顔料

クレイと米粉のGossoriクレンジング洗顔フォーム瞬泡

化粧水

ナチュラルミスト浸-shin-

facebook

京のすっぴんさん開発きっかけ

開発きっかけ

スタッフプロフィール

suppinsankyotostaff

Author:suppinsankyotostaff
某薬局に勤めるスタッフ。
京のすっぴんさん」の開発担当者でもあります。
ドクターハウシュカ・タウトロッフェン・マルティナ・ロゴナ・ラロッシュポゼなどの自腹体験レポート記などもしてました。実録!オーガニックコスメ自腹体験記

京のすっぴんさんで健康美肌術ABC

コラムABC